不動産を共有名義することのメリット

不動産を共有名義することのメリット

住宅ローンでお得な控除を受けられる

共有名義にするメリットとして大きいのは、税金を安くできることです。
具体的には住宅ローン控除を通常よりも多く受けられます。
たとえば、夫婦の共同名義で購入する際、夫と妻それぞれに住宅ローン控除を適用できる権利があるのです。
そう言われてても、具体的にどれくらいの節税効果があるのかイメージできない人もいるでしょう。
基本的には、金額的には年末における残高の1%にすぎません。
しかし、それが10年にもわたって使えるというメリットがあります。

その結果、10年も所得税と住民税が安くなるので、トータルで見るとかなり得をすることになります。
共有名義の不動産は一般的に多額であり、少しでもリーズナブルに購入したいと思う人が多いでしょう。
値下げの交渉がに失敗したとしても、節税に成功すればその分だけ手元に残る金額は多くなります。
マイホームを購入する場合などは、新生活に向けてお金を残しやすくなるというメリットがあります。

売却する際も魅力的な特別控除がある

共有名義の不動産に関する控除というと、購入時にしか関係がないと思う人もいるでしょう。
しかし実際には、売却するときにも使える控除があります。
代表的なのは3000万円特別控除と呼ばれるものです。
こちらはマイホームを売るときに、最大で3000万円分の控除を受けられるというものです。
長く住んでいないと適用されないと思う人もいます。
そうのような制約はなく、保有していた期間が短くても使えます。
こちらの控除は譲渡所得から差し引かれるので注意してください。

いずれにせよ共有名義に関して、3000万円もの控除を利用できます。
かなり大きな金額になるので、課税額はゼロになるケースがほとんどです。
したがって、売却する予定があるなら、共有名義にしてほしい相手と相談すると良いでしょう。
将来的な節税効果の大きさを説明すると、たいていの場合は承諾してくれます。
また、夫婦などの場合は両者の結束を固くできるというメリットもあります。

まとめ

共有名義と聞くと、取引が面倒になるというイメージを持たれがちです。
そのような一面もありますが、多くのメリットがあることも忘れてはいけません。
特に大きいのが節税効果であり、購入時と売却時のどちらも得をする可能性があります。
その方法を理解したうえで、共有名義の相手に自分の希望を伝えることが大事です。
どちらにも大きなメリットがあるので、その詳細を正しく理解してもらえば賛同してくれる見込みは十分にあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。