共有名義の不動産を高く売る時の注意点とは?

共有名義の不動産を高く売る方法は3つある

共有名義の不動産を高く売る方法としては、全部で3つがあげられます。
その1つに挙げられるものが、名義人全員の合意を得た上で、そのまま売る方法です。
これが1番オーソドックスな方法であり、名義人全員の合意が得られれば、十分に可能です。
売却後に代金の分割や税金の支払いが発生した場合には、主に持ち分割合に応じて分断されることになるでしょう。
自分の持ち分だけを売るやり方です。
税の負担を避けながらも、代金を支払ってもらうことが十分に可能です。
権利者が複数いるとトラブルに巻き込まれることがありますが、このようなトラブルにも関わらなくて済むため、管理を面倒に思っている人には特にオススメです。
分筆して得る方法があげられます。これは不動産ならではの方法で敷地を分担するものです。
共有者の意見がなかなかまとまらない時には有効な手段と言えるでしょう。
分割をするためには、測量や所有権の移転登記等が必要であるため、出費をどう分割していくのかと言う問題が発生することにもなります。

あらかじめ注意点を把握しておこう

共有名義の不動産を売却するとなった場合には、いくつかの注意点があります。
それらを事前に把握しておくことが重要と言えるでしょう。
その1つに挙げられる事は、持ち分割合を無視して代金を分割した場合には、場合によっては贈与税が発生することです。
売却代金を割合に応じて分ける事は、共有不動産を売却する際の、基本的なルールに当たります。
持ち分割合を無視して、取り分を設定してしまった場合には、大きなトラブルに巻き込まれる可能性が大いに考えられます。
また持ち分割合が大きければ多いほど、その不動産に関する決定権が大きくなるものです。自分の持ち分は少ないけれども売却したいとなった場合には、このリスクについてしっかりと把握しておくことが大切です。
反対に持ち分割合の大きな所得者が売却を迫ってきた場合には、1人が反対することで、全てを売ることはできません。
決定権の大小にかかわらず、すべての所有者が持っているのです。

まとめ

共有名義の不動産を高く売る方法としては、全部で3つあることがわかりました。
どれを選ぶにしても、持ち分割合を無視した上で代金を分割した場合には、贈与税が発生してしまうため十分な注意が必要です。
いらないから放棄すると言う行為は単独の作業ではありますが、他の所有者に権利を分け合っていることから、これが贈与とみなされることも考えられます。
また持ち分割合が大きければ多いほど、不動産に関する決定権が大きくなる事はしっかりと覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。